GatsbyImage

FAI PARAGLIDING WORLD CHAMPIONSHIP 2019

Published on:
18 Aug 2019

Related Articles

PARAGLIDING WORLD CUP, KRUSHEVO, MACEDONIA 14TH TO 21ST JULY 2022

PARAGLIDING WORLD CUP, KRUSHEVO, MACEDONIA 14TH TO 21ST JULY 2022

13 July 2022

2022年7月14~21日、マケドニアのクルシェヴォで開催されるパラグライディングワールドカップ。パラグライディングワールドカップの30周年を祝い続ける中で、私たちがお気に入りの会場の1つに戻ることは非常にふさわしいことです。山岳リゾートであるクルシェヴォはこれまで、2つのワールドカップ(2021年と2014年)、世界選手権、ヨーロッパ選手権そして数えきれないほど多くの国内戦を開催してきました。 手入れの行き届いたテイクオフエリアは、強風の中でも、多数の競技者が参加する国際的なイベントでのテイクオフを可能にしています。 クルシェヴォのメインの尾根は、平原でのタスクに最適な出発点となります。正面の広がる平原は、一見無限のルートの選択肢を提供する素晴らしいアリーナです。また、風に非常によく対応する大きく安全なパラグライダーの遊び場での同心円や回廊タスクにも最適です。 寛大なリフト(3m/sから7m/sまで)と大きなコンバージェンスラインが出来るので、分析と活用が非常に興味深い飛行エリアになります。 したがって、クルシェヴォ2022が今年のカレンダーで最も人気のある会場の1つであることは当然のことです。参加するパイロットのほぼ半数が、可能な限り最高の資格である文字Aを持っています!詳細は、 www.pwca.org 文章提供ルス・ジェソップ 写真提供ウルリク・ジェソップ

READ MORE
2022 OZONE CHABRE OPEN

2022 OZONE CHABRE OPEN

07 July 2022

楽しい4日間の飛行を終え、第15回オゾン・シャーブルオープンが終了しました。  総合優勝はアルピナ3に乗るスティーブ・モンフォールでした。スティーブはまた大会Tシャツに採用されたデザイン提出したため、無料でのエントリーを獲得もしました。2位には二コラ・モエクリそして3位にはマット・ワイクス(スイフト5)が続きました。 女子クラスでの優勝はリサ・デイビス(デルタ4)となり、2位エヴァ・ヘネマン(スイフト5)3位アンナ・ヘイダース(アルピナ4)が続きました。 参加者と主催者は皆、それが素晴らしい飛行の1週間であり、シャーブルの真髄である南アルプスで多くの知識が共有され友情が築かれたことに同意しました。 全てのパイロットを祝福し、オゾンチームから称賛します。 全成績は: https://airtribune.com/oco2022/results

READ MORE