GatsbyImage

オノランとゼノ2がコロンビアで勝利

Published on:
06 Feb 2022

Related Articles

オノラン、メリル、パプチストそしてゼノ2がコロンビアで勝利。

オノラン、メリル、パプチストそしてゼノ2がコロンビアで勝利。

13 February 2022

ロルダニリョでの英国オープンで勝利したオゾンR&Dパイロットのオノラン・アマーは、新しいゼノ2に乗りワールドカップでも勝利し勢いを維持しました。このワールドカップでの勝利はゼノ2の性能をかなり裏付けるものとなりました。 メリル・デルフェリエル(エンツオ3)は総合ランキングでたった6点差でオノランに続きました!素晴らしい結果おめでとうメリル!彼女の結果は、女子が完全に有効なワールドカップにおいて表彰台に乗った初めての出来事となりました。 バプチスト・ランバート(エンツオ3)は総合3位となりました。彼はタスク3で勝利し、大会を通して驚くほどよく飛びました。 優勝チームは当然ながらオゾンチームとなりました。総合ランキングの上位10人のうち8人がオゾンに乗っていました。 全成績は: https://live.pwca.org/scores.php?comp=29 ここオゾンの全員から祝福します。 写真提供: PWCA.org

READ MORE
オゾンからあけましておめでとう!

オゾンからあけましておめでとう!

05 January 2022

パイロットが知っているように、人生は私たちが空中で経験する浮き沈みをしばしば再現します。2021年はオゾンにとってまたしても低高度からの復活で高く上がることができました。オゾンのパイロットらはコンペではあらゆる賞を総なめし、地球上の最も高い場所に飛び上がりましたがパンデミックのおかげでベトナムの工場では厳しい状況に直面しました。これにより、当社の製品を提供し、新しいモデルをリリースする能力に影響を与えました。しかしながら現在、完全な生産体制に復帰し、納期が改善され始めていることをお知らせできることを喜んでいます。 私たちのチームは、研究開発チームがこれまで取り組んできたエキサイティングな製品をリリースできるように、受注残となっている注文をできるだけ早く処理するように努力しています。今後リリースされる製品の簡単な最新情報をお知らせします。 ゼノ2は完成まじかで夏ごろにリリース予定です。2022年は2ライナーのEN-Cクラスがデビューする年になる可能性が高く、当然ながらオゾンはエキサイティングなモデルを引っ提げて、この新世代のグライダーの最前線に立とうとしています。ご期待ください!Google 翻訳 Swift6は、大成功を収めたRush6の足跡をたどります。スイフト6は大成功を収めたラッシュ6に追随するでしょう。ハーネスの開発も急ピッチで進んでおり、すっかり見直されたフォルザ2ならびに新しい初心者用ハーネスが完成を待っています。これらの製品のリリースがいつになるかは工場の進捗状況によるところ大ですが、それらすべてが待つだけの価値があるものだということは保証します。 いつものように、私たちの焦点は、オゾンを飛ぶすべての人に笑顔を保ち続けようとすることです。何卒ご辛抱とご理解を賜りますようお願い申し上げますと同時に、2022年のご多幸をお祈り申し上げます。高く飛翔されますように! 画像:この9月にラッシュ6でモンブランツアーを飛んでいるトーマス・ジャンニオ。 写真提供は Olivier Laugero @olivierlaugerophoto

READ MORE
オゾンからの新商品‐サブマリン

オゾンからの新商品‐サブマリン

09 August 2021

ワールドカップのスーパーファイナルがスイスのディセンティスで行われており、オゾンチームパイロットの3人が過激的に新しいハーネスデザイン:サブマリンで参戦しています。 オゾンの設計者であるルック・アーモンは、次のように述べています。「このプロジェクトの背後にあるアイデアは、安全性を損なうことなく、完全に膨らんだ囲いでパイロットを覆うことで抗力を大幅に減らすことでした。 最初のプロトを2006年に作りました。それはちょっと滑稽で黄色のハーネスで、いくつかのローカル大会で飛んでいました。いつしか人々は”イエローサブマリン”と呼び始めました。それは私がオゾンに入る前で、ブルース・ゴールドスミスにも一つデザインし、彼は2007年の世界選手権で使用しました。 2017年にプロジェクトを再開しましたが、プロジェクトを実行可能な製品にするためには、構造上および空力上の大きな問題を解決する必要がありました。開発しプロトをテストするために、共同開発者のフレッド・ピエリと膨大な量のコンピューター作業と造形が費やされました。 コロナにより工場を閉鎖する前に何とか3つのハーネスをスーパーファイナルに間に合わせることが出来ました。それらでトレーニングしてその性能を十分評価する時間はありませんでしたが、この新世代のハーネスを最高レベルの大会でテストするための準備は整ったと感じています。」 このプロジェクトの開発作業は、スーパーファイナル後の数か月にわたって継続されると予想しています。オゾンチーム全員から声援を送り、スーパーファイナルの全選手に幸運を祈ります。レースをフォローするのを楽しみにしています!

READ MORE