Search
Hero Image

News

マイク・クングに絶大なる感謝

マイク・クングに絶大なる感謝

11 October 2004

マイク・クングから残念なニュースが届きました。DHVのテストパイロットであるために、この先自分の望むグライダーでフライトする事が出来なくなったようです。マイクはこれまで5年間、オゾンのグライダーを選択してきましたが、変更するように言われたようです。オゾンチームは政治が時として我々の自由を尊重するスポーツに影響を与えることを残念に思います。我々はオゾングライダーに乗ってくれたことをマイクに感謝します。これまで驚くべき業績を残しています。そのうちのいくつかを思い出してみましょう...彼は5300mの高度でヘリから飛び出しドーバー海峡を横断した最初(で唯一)のパイロットです。ヴァルカンを駆ったこのフライトは35kmの海峡を40分で横断しました..ガルミッシュのツグシュピッツケーブルカーからモジョを使って、宙返りで飛び降りた後、フリーフライトフェスティバルの群集の上でパフォーマンスを演じました。ドイツの最高峰からの初めての試みです..マイクはこのほどキムゼー湖上、驚異的10100mの熱気球から飛び降り、世界記録を更新しました。このときはモジョを使用し25分のフライトでした(前回の世界記録はオクターンを使用しました)..彼と彼のチームはいくつかの賞を受賞した映像をプロデュースし、それらのTV放映は単にパラグライダー世界のみでなく、より多くの視聴者を魅了しました。マイクとイネスに我々のスポーツのイメージに貢献した彼らの世界を股に駆けた多くの遠征に感謝したいと思います。また、マイクの今後の成功と、驚くべき滑らかなアクロテクニックで多くのパイロットを魅了し続けることを祈念しています。マイクが将来再び自由になりオゾングライダーを飛んで楽しめるようになることを期待しています。

READ MORE
Read more
サンチレール2004

サンチレール2004

19 September 2004

何と言う週末であったことか!我々は丁度サンチレールから戻ってきたところです。そこでは凄いパーティは言わずもがな、とても忙しかった。オゾンやショーでお披露目した新しいグライダーには大いなる関心が寄せられました。ブースには多くの人々がオゾンの2005年ウエアーのいくつかを手に取る機会を得て大いに賑わっていました。我々に会いに立ち寄ってくれた皆さんに大いに感謝します。また、我々に寄せられたご意見にも感謝いたします。フィルムフェスティバルで大賞を受賞したショーン・ホワイトとネバーエンディングサーマルチームを祝福したいと思います。そのフィルムはとても人気が有り、我々が用意したDVDは全て売切れてしまいました。ディック・ジャクソ¥ンの「クンブを越えて」も評判が良くフェスティバルで賞を獲得しました。フェスティバルにはさらにわれらがレネゲーズのモナコでのアクロショーならびに空飛ぶスリッパのDVDにボーナスで入っているギヨーム・ブルーストによるアクロフライトも上映されました。屋外では南テイクオフの上空で華々しいアクロフライトが披露されていました。ダヴとジェロームは2005年モデルのデモをし、ジェロームは軽量グライダーのジオでアクロを行い、十¥分な強度があることを見せていました。これらの新モデルについてもうすぐ情報や画像をこのホームページで見ることが出来ますよ。アントワンヌ、ラルフ・レイターそしてRチームと共にシクスティナイン(ファクトリーバージョン)で素晴らしいアクロデモをしてくれたヘルミノ・コルディド、オゾンレネーゲーズチームならびにマイク・クングに感謝したいと思います。土曜の晩は南テイクオフでオゾンパーティを開催し、テキーラで盛り上がり日曜の夜明け近くまで踊り明かしました。パーティでは数千人もの人が踊り狂いどちらかと言うとミュージックフェスティバルの様相でした。イカロスカップをオーガナイズしてくれた皆さんにお礼を言わなければなりません。素晴らしいイベントで多くの見たり、したりするものがある絶対に見逃せないものです!来年もお会いしましょう!期間中にオゾン・レネゲ−ズのグライダーとハーネスが盗まれました。もし濃いイヌのロゴのついた黄色と赤のアトムを買わないかと持ちかけられたら、買わないように!見分けるのは簡単なので、見かけたら我々に知らせてください。彼らに知らせます。

READ MORE
Read more
スペイン、エル・イエルモでのフェスティバル

スペイン、エル・イエルモでのフェスティバル

06 September 2004

7月私はスペインの代理店であるエンジェルとエル・イエルモフェスティバルに行きました。それは夕方のコンディションが素晴らしいエリアで開催される、パラに関するもの全ての祭典です。土曜日は本当に驚きでした。空高く300機以上が舞ったのち全員がテントあるいはアンダルシアにはどこにでもあるオリーブの小枝のすぐ近くに下りてきたのです!フライトの後はお祭りです!!!私はオゾンパーティのためにサウンドと映像を提供するサガナスサウンドシステムを持っていきました。ギヨームとラフーシュはものすごい踊りを見せてくれました。それは明け方まで続きました。エル・イエルモは誰でも飛べる特別な場所での素晴らしいイベントです。あなたの来年のスケジュールに載せるようお勧めします。オーガナイザーであるマーク・ペトワに感謝し、素晴らしかったとここで言いたい。詳細はwww.elyelmo.comで。

READ MORE
Read more
シックスティナイン

シックスティナイン

06 September 2004

前回のニュースでお知らせしたようにシックスティナインは驚異的15Gまでの荷重試験を行っています。シックスティナイン(ファクトリーバージョン)はアクロフライトを高レベルで行っているスペシャリスト向けの翼で、トップアクロパイロットらにより引き続き開発が進められて行きます。このほど高レベルのアクロ大会に参加しているパイロットに提供できるようになりました。このグライダーに興味のある方はオゾン代理店にお問い合わせいただくか、直接オゾンへ、これまでのアクロ大会での成績履歴をメールしてください。シックスティナイン(ファクトリーバージョン)はとてもダイナミックな挙動を持った究極のアクログライダーとして開発されたものなので全てのパイロットに販売することはありません。しかし、ダイナミックなハンドリングと適切な安全性を融合させた一般向けバージョンの完成にも全力を上げて取り組んでいますのでご安心下さい。

READ MORE
Read more
オゾンでの新たな人事

オゾンでの新たな人事

06 September 2004

1年以上前にオゾンに入社したサム・ロウエがパラグライダー部長となります。オゾン社の拡大に伴い、オゾンユーザーのニーズがもっと組織的にピックアップできるように情熱を持ったサムのような人物が必要であることは明らかでした。我々は2005年に大改革を予¥定しています。サムはオゾンをこの偉大なスポーツのリーダーのひとつとして留めるための情熱と技能¥を備えています。彼女の新しい役職での活躍を期待しましょう。新たにオゾンに入社したのはカリーヌ・マルコニです。彼女はサムがやっていた経理を担当します。請求書が支払われているか、我々が必要以上に無駄使いしていないかをチェックするという楽しくない仕事をしてもらいます。ようこそチームへカリーヌ!

READ MORE
Read more
レイチェル・エヴァンスのモジョは頑張っています

レイチェル・エヴァンスのモジョは頑張っています

27 July 2004

ララーニュでアレ・アップを経営しているレイチェル・エヴァンスはDHV1グライダーでも距離飛行に出られることを証明し続けています。8月19日、月曜、彼女はララーニュのシャブルテイクオフからグルノーブルの近くまで新品のモジョを駆って101kmを飛びました!レイチェルがその日のフライトプランを無線で知らせたとき、彼女の夫であるデヴィドは「良く見てみろ、何機かダミーがいるじゃないか。彼らについて行け...」と答えました。うまいことレイチェルは後をついてゆくことが出来、クレイグ・コリンズとタンデムをしていたヴィヴと共にランディング地点で彼らに追いつきました。我々はレイチェルがまたもやモジョでララーニュから98kmのフライトを成し遂げ、再び、2004/2005のフランスリーグをリードしていることを知りました。彼女のフライトはここで見ることが出来ます。

READ MORE
Read more